はま子のあしあと

勝気でビビリな大食漢、猫のはま子の毎日。

カテゴリ: 避妊手術

手術から9日後、日曜日に無事抜糸を行いました。

動物病院の診察台の上はトラウマがあるようで
キャリーから断固として出てこなかったはま子。

20130121-001.jpg

最終的には、キャリーを分解(できるタイプなのです)して
引きずり出しました。

またしても大絶叫のうちに、抜糸を済ませ
ようやく今回の避妊手術も終了。

20130121-003.jpg

※本人(猫)に許可を得ていないお色気ショットです。


手術痕もきれい。
毛が生えそろったら目立たないだろうね。



不便だったエリザベスカラーも卒業。

20130121-002.jpg

快気祝いはかつお節でよろしいか?



___________________

応援いただき恐縮です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

術後3日間、ゆっくり家で様子見ができたし、
カラーにも慣れたようなので
連休明けからは、一人でお留守番。


手術前までは、2階建てのケージで
留守番をしていましたが、カラーが引っかかると危ないので
ケージを取っ払い、寝室でフリーに過ごしてもらうことにしました。


20130116-001.jpg

今まで、特に壁にキズをつけたりはしなかったのですが
念のため、ビニールシートを張り巡らし

20130116-002.jpg

出かける直前まで部屋を暖房で温めて、
湯たんぽも仕込んで。
(コードを噛みまくるので、ホットカーペットは断念)

窓から外も見れるし、退屈はしないかなー



20130116-003.jpg

無事にお留守番できたようで。
ご褒美に、ささみ進呈しますよ。




猫用の専用保護ビニールはお高いので、こちらの業務用を採用。
結構しっかりしています。


___________________

応援いただき恐縮です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

手術翌日。無事退院。

おなかの毛はきれいに剃りあげられて
ちょっとかわいそう。

傷口は、テープで保護されていました。
テープをはがしたりしないように、
10日後の抜糸まではエリザベスカラーを装着。

手術前からずっと着け続けているので
さすがに慣れてきた様子。

20130113-004.jpg



最初は歩きにくそうでしたが、
ちゃんとお水もご飯も食べられました。

20130113-002.jpg



粉薬(抗生物質)をいただいたので、
ご飯に混ぜて食べています。

20130113-003.jpg

手術翌朝から出されたご飯は完食したし、
トイレもいつも通りにしているし。

ただ、カラーのせいで砂が掻きにくそうなのが
気の毒ではありますが。


想像していたより、元気でホッとしました。
あとは、連休明けからの留守番が無事にできるかどうか。


ちなみに、今回の手術のお値段

術前血液検査 8,400円
手術 28,000円
カラー 1,050円

動物病院によって、入院日数や費用も様々だと思いますが
ご参考までに。


20130113-001.jpg

できる部分だけ毛づくろい。
早く良くなってくださいよー
___________________

応援いただき恐縮です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

はま子は、月齢のわりに大柄(たぶん)。

20130112-001.jpg

体重が2kgを超えたあたりで、
そろそろ避妊手術の相談をと思い、病院でお伺いをたてました。

もういつでも手術できる大きさになっているとの事だったので、
3連休の直前に手術を予約。
手術の時には、ちょうど生後6カ月になります。



麻酔を使うので、手術1週間前に血液検査。
(任意らしいのですが、やっぱり念のため。)

エリザベスカラーを装着されただけで、大絶叫。
採血中も、この世の終わりかというくらいの叫び。
先生も若干引いていらっしゃいましたですよ…



そしていよいよ当日。
お昼の手術なので、水は朝7時まで。
朝ご飯はナシです。

20130112-002.jpg

…朝ご飯はナシです。



入院時に、先日の血液検査の結果を。

20130112-003.jpg

ちょっと数値が高めの項目もありますが
これから経過観察ということで、
手術は予定通りしていただくことに。

術後一晩入院なので、
私は麻酔から覚めるであろう夕方に
面会に出向くことにしました。



そして夕方。
手術は無事済んだとのこと。
面会前に点滴をはずしてもらったのだけど
この時も、院内に鳴り響くはま子の大絶叫。

…叫べるくらい元気でなによりです。安心しましたよ。

面会当初、真正面から威嚇されましたが
ほどなくして、「ご飯の人」であることに気付いた模様。
ケージの奥側から、ゆっくりとにじり寄ってくれました。
(痛いからか、うなり続けていたけれど)

20130112-004.jpg

いろんな方のブログなどを拝見すると、
手術当日は麻酔が抜けきらなくて
ボーっとした表情の猫さんが多い気がしますが
はま子は、大絶叫でしっかり覚醒したのか
しっかりと、睨みをきかせておりました。

はま子さん、明日お迎えに上がりますよ。
よく頑張ったねぇ。ほんとに、お大事に。
___________________

応援いただき恐縮です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ