はま子のあしあと

勝気でビビリな大食漢、猫のはま子の毎日。

我々は共働きなので、
はま子がある程度大きくなるまでは
日中、ケージ生活。

ゆくゆく買い換えるのも大変なので、
ちょっと大きいかなーと思ったが、2段のものを購入。



1Fにトイレを置くと、結構一杯一杯。
そこはしばらく、ご辛抱いただくことに。

おなかも下していることだし、ゆっくり休めよー
・・・と思ったのもつかの間。

e4ee97a1.jpg


即、脱走。

はま子、やっぱり小さいわ。
ギリギリ頭が入った!と思ったら
スルッとすり抜け出てリビングを走り回る。





我々の不在時に脱走されると心配なので
大慌てで、園芸用の防鳥ネットを張り巡らす。
防鳥ネット 2x5m

防鳥ネット 2x5m
価格:2,402円(税込、送料別)


↑こういうの。




5b937420.jpg


[出せ出せ!!]
ちょっと不憫ですが、赦せ、はま子よ。
あなたの身の安全のためだ。

ちなみに、最初の3、4日は2Fとの境目にもネットを張って
1Fのみ使用するようにしていたのだが、(どうせ登れないしね)
あっという間に、ネット伝いに登れる腕力がついたようなので
2Fを寝床として開放するようにしました。
成長、早い。




殿のズボンの裾に
すっぽり入るのがお気に入り。
近いうちに、ベルボトムにしないと入れなくなるんだろうな。

e2b53a13.jpg





引き取った当初440gだったのが、1週間で580gに。
猫の成長としては普通なのかもしれないけれど、
日々大きくなっていくのを目の当たりにしていると
結構ビックリ。

ちゃんと食べるし、しっかり動くし。
おなかを下していたので心配していたけれど
元気に成長しています。

c029b245.jpg


___________________

応援いただき恐縮です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

同僚Hさんの実家(福島県)で5匹のきょうだい子猫が拾われた。
貰い手が見つからなければ、泣く泣く保健所送りという。

福島かぁ・・・ちょっと遠いな、と思っていたのだが
別の同僚Kさん一家が、1匹貰い受けることを決めたのが後押しになり、
「いずれ保護猫を飼うつもりだったのだから何かのご縁」と、
我が家にも1匹迎え入れることに。

8月中旬。
ゲリラ豪雨が襲う中、子猫の待つ
福島県小名浜港へ向かう。
ab161d0b.jpg


3時間半ほどかけて小名浜へ。
一緒に子猫を引き取りに行った同僚Kさん一家とは現地集合。

事前に写真や動画を送ってもらっていたのだが、
実際会うと、思ったより小さい。
8d1a1af5.jpg

生後1カ月くらいらしい。まだこの段階だと、何匹も子猫を相手にしてきた
Hさんのご両親でも性別の判断がつかないとか。


Hさんのご両親に、いままで育てていただいたお礼に
Kさん一家と我が家より「結納品」としてキャットフードとおもちゃの詰め合わせを差し入れ。
6ff7aab1.jpg

手塩にかけた子猫さんは、大事に育てます。


帰りはキャリーに入れてまたまた3時間半くらいの道のり。
f8697a2e.jpg




長時間の車移動と、はじめての環境のせいか
おなかを下してしまった。

翌日、近所の動物病院でおなかの調子と健康診断。
寄生虫もノミもおらず、野良出身にしてはキレイとお褒めの言葉。
生後1カ月~1ヶ月半くらい。
そして、女の子であることも判明。
結構やんちゃにあちこち走りまわっていたので、男の子かも・・・と思っていたのだが。

944db251.jpg

下痢止めの薬を処方してもらう。

おなかは緩いものの、食欲は旺盛。
拾われた5きょうだいの中でも食い意地が張っていたらしい。
fb94c95f.jpg

ケージに乗りきるのももどかしいくらい、ごはんにまっしぐら。
食べないよりはずっと安心。



175a878e.jpg

小名浜出身なので、はま子と名付けることに。
殿は、ハマコーと呼ぶ。
ますますヤンチャになってしまいそうじゃないか。



猫なんて飼ったこともないシロウト一家。
とりあえず、こんな出会いから猫はじめました。

※ちなみに、お迎えに行った時には
 5きょうだい中2匹は近所の方に引き取られた後でした。
 一緒に子猫を引き取りに行ったKさん一家が2匹引き取ることになり、
 最終的に5きょうだい全員、里親が決まりました。めでたしめでたし。



___________________

応援いただき恐縮です

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ